ミスティクス 6/17 試合後のインタビュー等

インタビュー日本語訳
この記事は約4分で読めます。

Twitterで上がっている動画や相手チーム(ニューヨーク・リバティー)のインタビュー系ツイートをまとめました。

Ad Link

ナターシャ・クラウド選手

はっきり言うと私たちは今1週間に3回試合があります。試合して、長い移動があります。クソみたいな(Trashという表現)移動方法をさせられています。厳しく、酷いです。

そんな状態での試合ですからオフェンスではシュートが短くなったり、全然入らなかったりする日があります。でもオフェンスが良くなかったとしてもディフェンスは別です。ディフェンスは自分達のプライドをかけて行うものです。ディフェンスは準備をして、コミュニケーションをして、チームが一つになってできるものです。

チーム、そして私自身もより高いレベルを自身に課す必要があります。なぜならオフェンスで良い日があろうがなかろうが、自分のシュートが入らなかろうが、ディフェンスでは徹底して同じことをするまで、オフェンス以外のことで貢献する術があるからです。

フェニックスとの第二戦での私たちのディフェンスを常に出せるようにしなければならないと思っています。そしてディフェンスからオフェンスに勢いをつけられるようにしたいと思っています。

ちなみに今回の移動はAmtrak(アムトラック)というアメリカの各都市を結ぶ旅客鉄道での移動だったようです。調べたところ約3時間半(通常、ビジネス、ファーストクラスとあり、それぞれ値段は往復$100、$300、$500ぐらい。ファーストは飲食、ラウンジサービスが付いてくるので、そこをわざわざ無駄に払わなさそうという予想で恐らくビジネスクラス)でした。もちろん一般の方も乗られています。

GetNavi 2022年5月号 [雑誌]
AmazonでGetNavi編集部のGetNavi 2022年5月号 。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
Ad Link

ケネディー・バーク選手

(短かったのでTwitterで全部収まっていましたが記録のため掲載)

明日はオフなのでどちらかというと気持ちを休ませて、コネネチカット戦に向けて集中する必要があります。タフなチームですから。

まずは身体を休ませてリカバリーすること。今回の試合はもう終わったことなので次に進む必要があります。

【Amazon限定ブランド】プリマソーレ(primasole)フォームローラー 筋膜リリース フィットネス ヨガポール トレーニング スポーツ 収納バッグ付き ソフト仕上げ改良
primasoleのフォームローラーは表面に2種類の凹凸を配置しました。使い分けることにより刺激を与えたいポイントをもみほぐします。体重をかけても変形しにくく耐久性の高いEVA素材を使用。耐荷重200kgなので安心してお使いいただけます。カラーはヨガマットでも人気の3色をご用意。本体は900gの軽量設計。キャリングケー...
Ad Link

相手チーム(ニューヨーク・リバティー)コーチ、選手のインタビュー

こちらのMylesさんのツイートを複数引用させていただきます。

ブロンデロコーチ

(ガードを同時に3人起用するラインナップについて)

オフェンスのきっかけを作れる選手が多くいることでディフェンスは守りづらくなります。それが今の私たちです。サブリナ(イオネスク選手)だけでなく、マリン(ジョハネス選手)、クリスタル(デンジャーフィールド選手)もそういったプレーができます。そしてステフ(ドルソン選手、センターの方)もパスができる選手です。

(中国人センターのハン・シュ選手について)

素晴らしい得点力を持っています。ローポストで時々プレーさせています。彼女はいいシュートタッチを持っていますからあいたらシュートしてほしいと思っています。そうすることでスペースを広げられますから。課題を挙げるとすればゴール付近でボディーコンタクトがあっても決め切る部分だと思います。

【Amazon.co.jp限定】【大容量】めぐりズム蒸気でホットアイマスク ラベンダーの香り 16枚入
働き続けた目を心地よい蒸気で温めるアイマスク。 約40度の心地よい蒸気が20分程度続き、大切な目と目元をやさしく包み込みます。 お徳用16枚入り *医療機器ではありません。 *低温やけどにご注意下さい。 *使用法・使用上の注意をよくお読みの上ご使用下さい。

サブリナ・イオネスク選手

私たちは何か一つのことしかできないチームではありません。シュートが入っていなければ、ボールを展開する、アシストを増やす、デイフェンスではパスカットをする、フリースローをもらうといったことをするチームです。これから得点力を改善して勝ちに繋げていけると思います。その辺りが(シーズン序盤に比べて)チームとして進化してきたことだと思います。

(フィールドゴール3/16にも関わらず、総合的に高いスタッツを残したことについて)

自分自身がそういった選手だと思っています。パス、得点、パスのスティールなどチームの力になることを全てやる意識をもっています。自身のシュートが入ろうが入らなかろうが、そういったことを毎日やろうと思っています。

Amazon タイムセール
人気の商品が日替わりで登場。毎日お得

コメント

タイトルとURLをコピーしました