FIBA女子ワールドカップ2022 試合日程や視聴方法、おトクキャンペーン、注目チーム、注目の試合について

国際大会
この記事は約10分で読めます。

ワールドカップがいよいよ始まります!

このギリギリのタイミングですが笑、概要、組み合わせと日程、視聴方法をまとめていきます。

Ad Link

概要

日程

日程:2022年9月22日(木)〜10月1日(土)

  • 予選:9月22日(木)〜
  • クォーターファイナル:9月29日(木)
  • セミファイナル:9月30日(金)
  • ファイナルと3位決定戦:10月1日(土)

開催地

開催地:オーストラリアのシドニー

アメリカ代表、日本代表の選手たちがオーストラリア入りして練習試合した様子がSNSで見られましたね。

フォーマットとグループ

フォーマット

2グループに分かれ、予選ラウンドを総当たりで行います。

各グループ上位4チームが決勝ラウンドに進み(ベスト8)、決勝ラウンドはトーナメント形式で行われます。最終日は優勝と3位決定戦が行われます。

グループ

(カッコ内は大会前FIBAランキング)

グループA

  • アメリカ(#1)
  • ベルギー(#5)
  • 中国(#7)
  • 韓国(#13)
  • プエルトリコ(#17)
  • ボスニアヘルツェゴビナ(#26)

グループB

  • オーストラリア(#3)
  • カナダ(#4)
  • フランス(#6)
  • 日本(#8)
  • セルビア(#10)
  • マリ(#37)

日本が入っているグループBのほうが近い順位が固まっているように見えますね。ただ、個人的にはランキングは実際の力とちょっとずれている気がするので、どちらのグループも、どのチームもダンゴ状態と感じます。

アメリカ代表が能力的には抜けているのですが、チームとしての完成度、国際ルールへの適応が未知数。試合を重ねるごとに良くなっていってしまうと思います。(言い方がおかしいかもですが、ずば抜けてしまうと面白くないので😆)

Ad Link

試合スケジュール詳細

全チームの全日程

全チームの全日程は公式ウェブサイトを参照いただくのがいいと思います。(アプリでも👍)

Games of the FIBA Women's Basketball World Cup 2022 - FIBA.basketball
The official website of FIBA, the International Basketball Federation, and the governing body of Basketball. FIBA organises the most famous and prestigious inte...

 GAMESを選択して、日程を選ぶと試合が表示されます。

表示される時間はローカル時間(日本で開けば日本での時間)が表示されるようです。WNBAとは違ってシドニーは1時間しか時差がないのでいいですね。

それにしても、あらためてタフスケジュールですよね。みなさん怪我なく、これまで積み重ねてきたことが悔い無く出て終わりますように🙏

注目チーム日程と注目ポイントなど

※注目チームというのが良いのか、私が好きなチームをピックアップしただけ😅

日本(#8)

  • 9月22日(木)13:00 vs. マリ(#37)
  • 9月23日(金)11:00 vs. セルビア(#10)
  • 9月25日(日)19:30 vs. カナダ(#4)
  • 9月26日(月)15:00 vs. フランス(#6)
  • 9月27日(火)19:30 vs. オーストラリア(#3)

昨日再度拝読し終わった「女子バスケットボール東京2020への旅」でも初めの試合から勢いに乗ったというコメントがありましたし、他の試合に比べて力を出せる相手だと思うので1位試合目からスタートダッシュしたいところですね🚀

まだお読みになっていない方はぜひ↓現チームのメンバーは弱冠入れ替わりがありますが、現チームの基礎となったオリンピック銀メダルメンバーのメンタリティー、大会に望むまでの準備等を知ることができます。

女子バスケットボール東京2020への旅 《歴史を変えた最強チームの真実》
女子バスケットボール東京2020への旅 《歴史を変えた最強チームの真実》

今大会では日程が進むにつれてどんどん相手が強くなりますが、最後まで混戦となった代表入りで選ばれた精鋭のチーム層の厚さでチーム一丸となって戦って欲しいです🔥

フルコートプレス、ハーフコートでもチャンスがあればトラップディフェンスととにかく動き回り(見ているだけで肺が苦しくなるほど💦)プレッシャーをかけるスタイルです。

オリンピックやその後の国際試合はもちろん各国にスカウティングされ、そのディフェンスがあることは知られていますので、相手の予期を超えたレベル(タイミング等も含む)を出すことが大切だと思います。

サイズではどうしても劣勢なことが多いので、リバウンド、スクリーンアウト、ルーズボールもものにしたいところです。

アメリカ(#1)

  • 9月22日(木)10:30 vs. ベルギー(#5)
  • 9月23日(金)9:30 vs. プエルトリコ(#17)
  • 9月24日(日)13:30 vs. 中国(#7)
  • 9月26日(月)13:00 vs. 韓国(#13)
  • 9月27日(火)13:00 vs. ボスニアヘルツェゴビナ(#26)

日本とは逆に初戦が一番の山場というか、注目の一戦です。

WNBAではディフェンスの3秒ルールという、ペイントエリアには3秒いたらいけないというルールがあります(手の届く範囲に自分のマークマンがいればカウントは始まらない)。

ディフェンスからするとヘルプに寄りづらく、オフェンスからするとドライブしてゴール下まで持っていきやすく、試合をスピーディーにするためのエンターテイメントとしてのルールです。

アメリカとしてはそのルールへの適応が重要になると思います。

WNBAでもゾーンディフェンスはありますが、3秒ルールのためディフェンスがある程度動かなければいけないので完全なゾーンではありません。ゾーンがうまいチーム、中をがっちり守ってくるチームに対してアウトサイドを決められるかで展開が大きく変わると思います。

特に若いチーム中心で正ポイントガードが不足している感がありますので、混乱が起こった時やうまく攻められないときのメンタル的、IQ的なアプローチが大切になるでしょう。

ベルギー(#5)

  • 9月22日(木)10:30 vs. アメリカ(#1)
  • 9月23日(金)12:00 vs. 韓国(#13)
  • 9月24日(日)19:30 vs. プエルトリコ(#)
  • 9月26日(月)10:30 vs. ボスニアヘルツェゴビナ(#26)
  • 9月27日(火)12:30 vs. 中国(#7)

ベルギーはオリンピックではトーナメント組み合わせの関係でメダルを逃していますが(日本😎)、個人的にはメダルの力があったチームだったと思っています。

WNBAシカゴ・スカイのミースマン選手、アレマンド選手を中心に綺麗なバスケを組み立ててくるチーム。

特にミースマン選手は2019年のファイナルMVPのセンターで、ゴール下、ミドル、スリーとシュートが上手で、さらにパスもでき、そしてオフボールのあわせも上手、運動量多く、ディフェンスやオフェンスリバウンドにも絡んでくる、中心選手です。

WNBAでのシリーズが終わったばかりでの合流で疲れも溜まっていることと思いますが、この2選手を中心としたチームで、上位入賞候補だと思います。

他国

それ以外にもシアトルでバード選手と優勝経験のあるレジェンドセンターのローレン・ジャクソン選手が復帰し、WNBA現役選手、経験選手が溢れるオーストラリアや、オリンピック銅メダルのフランス、セルビア、カナダも注目です。(・・・が、いつもながら長くなるので割愛😅)

Ad Link

視聴方法

リアルタイム・見逃し

テレビ「NHK BS1」日本戦がすべて生放送される予定です。放送日時はこちら

テレビCS「フジテレビNEXT」では日本戦の生放送と、その日の夜中に見逃しの放送準決勝、3位決定戦、決勝があるようです。放送日時はこちら。(有料)

「DAZN」で全チーム全試合のライブ配信と見逃し配信があります。(有料)専用ページはこちら

ワールドカップ公式サイトからサブスクを勧められる「COURTSIDE 1891」は地域ブロックがあり、日本の試合日本からは観ることができないようです。

こういった VPN(地域ブロックがあるサイトでも海外サーバー経由で観られる)を使えば観られるはずです。↓2ヶ月無料体験があるのでご興味がある方は試してもいいと思います。



それ以外にも裏技(怪しいサイトで海外の人がストリームするのとか笑)を使えば観られなくはなさそうですが、私はDAZNに入ろうかな〜と思っています。テレビとサイトで行ったり来たりも面倒ですし。皆さんはどうされるんですか😄?

まとめると・・・この3つになります。

  • DAZNでは他国の試合を含めて全試合観られる。1ヶ月3,000円(月の途中でもそこから1ヶ月のカウント)
  • 日本戦はテレビで視聴 + 他国の試合をCOURTSIDEで見る。COURTSIDEはこの大会だけを選択すると14.99ドル(= 2,000円ちょっと)
  • VPNを契約してCOURTSIDEで観る。VPNを上のセカイVPNで2ヶ月無料で入れば、COURTSIDEの14.99ドルのみ

DAZNについてはお得なキャンペーンなどを下の方にまとめていますのでご確認ください。

日本戦(予選)放送、配信スケジュール

日時対戦放送・配信予定
9月22日(木)vs. マリ【NHK BS1】12:50~
【CSフジテレビNEXT】12:50~
【DAZN】13:00~
9月23日(金)vs. セルビア【NHK BS1】10:55~
【CSフジテレビNEXT】10:50~
【DAZN】11:00~
9月25日(日)vs. カナダ【NHK BS1】19:20~
【CSフジテレビNEXT】19:20~
【DAZN】19:30~
9月26日(月)vs. フランス【NHK BS1】14:55~
【CSフジテレビNEXT】14:50~
【DAZN】15:00~
9月27日(火)vs. オーストラリア【NHK BS1サブch】19:20~
【CSフジテレビNEXT】19:20~
【DAZN】19:30~
参照:日本バスケットボール協会(http://www.japanbasketball.jp/japan/65368) 変更の可能性あり

既出ですが、その後9月29日(木)にクォーターファイナル、9月30日(金)にセミファイナル、10月1日(土)にファイナルと3位決定戦となります。(予選の勝敗数によって放送日程が決定)

DAZN(ダゾーン)

スポーツはDAZNさんが国内では強いですね。

DAZN公式ウェブサイトより

国内外のサッカー、野球のメジャーなスポーツからモータースポーツやラグビー、F1などもあります。バスケもユーロリーグや今回のW杯など国際系を取り扱っています。

バスケットLiveみたいに色々なデバイスで観られるのもおすすめポイントです。(デバイス2台で同時視聴も可能)

公式サイトはこちらです↓

DAZN

プラン

  • 年間プラン(月々払い):2,600円/月 <4,800円お得>
  • 年間プラン(一括払い):27,000円/年 <9,000円お得>
  • 月間プラン:3,000円(いつでも解約可)

無料お試しについて

残念ながら以前あった無料お試しは2022年2月22日以降やっていないようです。

私はひとまず1ヶ月のプランで契約して、1ヶ月の間にバスケ以外面白そうなコンテンツがもし見つかれば続けるかなぁ、という感じです。

やっぱり米国代表や他チーム観たいですよね〜😗

お得なキャンペーン(9/21追記)

スマホのキャリアで少しでもお得にできるキャンペーンがあるようです。当てはまるかたは是非ご活用ください!(🐍は残念ながら当てはまらず🥲 詳細については各ページでご確認くださいませ。)

au:無料キャンペーン

Softbank: Paypayのポイントバックキャンペーン

注目の試合

  • 9月22日(木) 10:30〜 アメリカ vs. ベルギー
  • 9月22日(木) 19:30〜 オーストラリア vs. フランス
  • 9月23日(金) 11:00〜 セルビア vs. 日本
  • 9月24日(土) 13:30〜アメリカ vs. 中国
  • 9月26日(月) 15:00〜フランス vs. 日本
  • 9月26日(月) 19:30〜 カナダ vs. オーストラリア
  • 9月27日(火) 16:30〜セルビア vs. フランス
  • 9月27日(火) 19:30〜オーストラリア vs. 日本

あくまで個人的な注目です⚠️💦 偏りがありますね笑

それにしてもWNBAプレーオフが終わったと思ったらW杯のこの日程。バスケ尽くし🏀🔥

最後に

シアトルのロイド選手がこのようにコメントしています。

いつもは違うチームながら、短い時間で準備して、そして国の代表として戦うというのはやはり特別なことのようですね。

繰り返しになりますがハードなスケジュールなので、ケガなくそれぞれのチームが良さを発揮する素晴らしい大会となりますように👏

それでは今回もお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました