WNBA All-Star 2022の出場選手・チーム決定!

WNBA
この記事は約8分で読めます。

【7/7追記】スリーポイントコンテスト、スキルズチャレンジについて予定追加。詳細後日。

「AT&T WNBA All-Star 2022」の投票、チーム決めのドラフトが終わり、出場選手とチームが確定しました!

早いもので、もう来週に迫っています。今回の記事ではイベント概要とチームを紹介します。

Ad Link

イベント概要

【場所】

シカゴ・スカイ本拠地のウィントラスト・アリーナ

【日程】

・日本時間 7月10日 (日) 早朝4時〜 (現地 7月9日 シカゴ時間 14時、DC時間15時)

3ポイントコンテスト、スキルズチャレンジ

日本時間 7月11日(月) 夜中2時〜(現地 7月10日 シカゴ時間12時、DC時間 13時)

オールスター本戦

【その他】

現地ではオーススターウィークエンドの催しとして、新しく屋外のイベントや土曜には選手参加の屋内イベントがあるよう。

現地観戦に興味のあるかた、チケット値段が気になるという方はこちらを見てみてください。

Ticketmaster.com

6/3時点で81ドルから販売されていたのが、7/3現在は空いている席がだいぶ減って、256ドル(アッパー階コーナー席)で最安値となっています。シカゴ開催でシカゴ・スカイからも選出されている選手が多いこともあり、いい感じに埋まってきているのでしょうか👀

Ad Link

視聴について

本戦はもちろんリーグパスで視聴可能!

リーグパス以外での試聴は今の所確認できていません。(裏技でYouTubeで「WNBA Allstar 2022」とか検索したらLiveでやっているアカウントが出てくるとは思いますが、次々とBanされると思うので不自由になりそうです)

現地土曜に開催されるスリーポイントコンテスト、スキルズチャレンジはリーグパスでの配信は予定されていないようです。その他の試聴も情報は今の所ないので、もし情報がありましたらTwitterで発信します。

【7/7追記】配信の一覧にしれっと追加されていました!一覧にあっても観られなかったプレシーズンのことを考えると本当に観られるのか少し不安はありますが・・・

メディアデー、3ptとスキルズ、コミッショナーのコメント、プレスカンファレンスが追加となっています。特に3ptとスキルズは気になるのですが詳細はまだのようです。わかり次第追記します。

Anker Soundcore Life P3(ワイヤレス イヤホン Bluetooth 5.0)【完全ワイヤレスイヤホン / Bluetooth5.0対応 / ワイヤレス充電対応/ウルトラノイズキャンセリング/外音取り込み / IPX5防水規格 / 最大35時間音楽再生 / ゲーミングモード/専用アプリ対応/通話ノイズリダクション/PSE技術基準適合】ブラック
Soundcore | Hear It. Feel It. 心地良く、等身大に音楽を楽しみたいあなたへ贈る、Ankerのオーディオブランド 製品の仕様 再生時間:最⼤7時間(イヤホン本体のみ) / 最⼤35時間(充電ケース使⽤時) 充電端子:USB Type-C 重さ:約60g(充電ケース含む) 防水規格:IPX5 B...
Ad Link

オールスターの2チーム

細かい部分を見ると面白いので、時系列で書いていきます。

スターターの10名

WNBAアプリ、公式サイト、そしてTwitterでの投票でのファン投票が50%、選手からの投票25%、メディアから25%の比重でカウントされ、高い票を得たこの10名の選手がスタートメンバーとして選ばれました。

詳しくはこのような順位だったようです。

これだけでも面白いですね。例えば、

  • ガードの6位、スカイラー・ディギンススミス選手はファン、メディアからはそこそこ高い投票だけど、選手からは低い。フロントコートのデレダン選手、キャンデース・パーカー選手も似ていて、ファン投票は高いけどメディア、選手からは比べると低い。この3人はメディア露出が高いからという理由だろうなと思います。
  • 逆にメディア露出が低い選手で評価されている選手はファン投票が低く、メディア、選手の票で高い順位にランクしています。

この中から最多票を得たアジャ・ウィルソン選手とブリアナ・スチュアート選手がキャプテンとなり、また今シーズンで引退を表明しているレジェンド2選手スー・バード選手、シルビア・ファウルズ選手がそれぞれチームの共同キャプテンとなりました。

ちなみにファン投票数だけ限ればこちらで発表されています。

https://www.wnba.com/news/att-wnba-2022-all-star-fan-voting-final-totals/

ミスティクスではこんな結果でした。(敬称略、Posはポジション)

  • 全体5位 エレナ・デレダン Pos別4位
  • 全体25位 シャキーラ・オースティン Pos別13位
  • 全体31位 ナターシャ・クラウド Pos別15位
  • 全体38位 アリエル・アトキンス Pos別18位
  • 全体42位 アリーシャ・クラーク Pos別23位
  • 全体50位 町田瑠唯 Pos別22位
  • 全体56位 マイーシャ・ハインズアレン Pos別32位
  • 全体67位 エリザベス・ウィリアムス Pos別39位
  • 全体74位 シャトリ・ウォーカーキンブロー Pos別33位
  • 全体75位 ティアナ・ホーキンス Pos別42位
  • 全体90位 ケネディー・バーク選手 Pos別45位
  • 全体103位 エビナ・ウェストブルック選手 Pos別52位
  • 全体142位 ステファニー・ジョーンズ選手 Pos別71位
  • 全体153位 ケイティー・ベンザン選手 Pos別77位

他のチームは「これをリツイートすればカウント」というツイートが結構多く見られたのに比べて、ミスティクスは少なかったような🤔 そう言ったツイートをしていたのですが、そのツイート内容が#WNBAAllStarと複数選手名が入っているもので、それはルール上計算されないはず。何回かやっていたのを見ると、(1)完全にルールを知らなかった(2)選手を休ませるために意図的にやったというどっちか笑😎

興味深い。

町田選手に関しては色々ありましたが、ご本人にも届くような結果に繋がりましたでしょうか。

ここで私は白状しますと、その色々な一件の内容を自分なりに考えて、毎日のツイートは控えさせていただきました。みなさんにフォローして頂いていて、さらにツイッターの拡散力はすごいなと思っていますので、RTがRTをよんで、もし本当にすごい票になっていきご本人の負担になってしまうのは嫌だったので。もちろん応援したい気持ちは大ですが、ちょっとずれてくるのかなと個人的に思ったもので。

リザーブメンバー

リザーブメンバーは各チームのコーチからの投票でした。ガード3名、フロントコート5名、ポジション関係なく4名の計12名に投票。(自身のチームの選手には投票不可)

その結果この選手たちが選ばれました。

ファンの間、メディアでこの選手たちが漏れた、という声はこれらの選手たちが多そうです。(敬称略)

  • ミスティクス:エレナ・デレダン、ナターシャ・クラウド
  • インディアナ:ケルシー・ミッチェル
  • ダラス:アリーシャ・グレイ
  • フェニックス:ダイアナ・タウラシ

特にタウラシ選手はWNBA史上最高の選手と言われる選手で今シーズンも相変わらずの活躍っぷり。ファン投票はみんなが投票するからいいか、という感じで票が集まらなかったのでしょうか。あとはフェニックスのスタイル的にタウラシ選手だけがフォーカスされるプレーでないのもあるのか。おとり的にもなっているし。

デレダン選手は選出されたとしても欠場していたのではないかなと個人的に思います。(これまで複数試合を調整で休んでいますし。)クラウド選手は残念ですね。これを更なるモチベーションにして来季こそ選出されて欲しいです🔥

『アンクル・ドリュー』
チームオーナーの青年とドリュー爺さん(NBAオールスターのカイリ―・アービング)が、70歳代がメンバーのチームが今もなお大きな大会で勝利をおさめられることを証明すべく、ドリューのかつてのバスケ仲間を寄せ集める。

ドラフト

日本時間7月3日早朝4時に各キャプテンのウィルソン選手とスチュアート選手の間でドラフトが行われました。

スタート選手を最初にその後リザーブ選手と、こんな順番で指名されていったようです。アトキンス選手は14位です。(Co-Captは共同キャプテン)

そしてこの画像の注意マーク*にもあるように、ドラフト後にトレードが発生しました。

ウィルソン選手:うちのチームはサイズが大きすぎるからネカとサブリナのトレードはどう?

ブリアナ選手:いいね。

MC:これで確定でいい?

ブリアナ選手:まだ。最後のトレードとして、シルビア・ファウルズとスーバードのトレードを要求したい。

ウィルソン選手:OK、レジェンドとレジェンドの交換ね。大きくなるけどいいよ。受け入れるわ。

ということで、最終的なチームロスターはこんな感じになりました。

ロスター詳細、ヘッドコーチ(リーグ順位で1位、2位のコーチ)、各選手の略歴は以下の通りです。一番右はオールスター出場回数、その左隣はリーグでの年数。Rはルーキー。

チーム・ウィルソン

チーム・スチュアート

あらためて見てもすごい選手たちばかり。ノートルダム大が多くて全員スチュアートに固まっていますね。コート上ノートルダム固めは・・・ポジションのバランスが悪いからダメかな😆

ザムスト(ZAMST): インソール
s

最後に

投票も発表や最後のドラフトもエンターテイメント感があり面白いですね。

実際のオールスター本戦の雰囲気は、他のリーグと同じでそこまでガチな内容にはならないことが予想されます。

2021年はオリンピックへの調整も兼ねて代表vs.WNBA選抜がオールスターとなりある程度真剣味がありました(93-85の少しロースコアでWNBA選抜が勝利)。

2020はコロナで不開催。

2019年(ミスティクス優勝年)はデレダン選手がキャプテンとして指名する側でした。こんな感じで。

試合は129-126でチーム・ウィルソンが勝利しました。ハイスコアですね。

2022年はどんな感じになるでしょうか。世界最高峰のリーグのさらに超スーパースター達が集うオールスターなので、楽しみですね(試合ほど真剣味はなくても)。欲を言えばスリーポイントコンテスト、スキルズチャレンジも観たいですね〜。すぐに誰かがYouTubeには上げると思うんですが、LIVEで観たい😀 なので方法見つけたらシェアします

1週間後に迫ったオールスターのまとめでした!

今回もお読みいただきありがとうございました😊

ザムスト(ZAMST) インソール(中敷き) フットクラフト シリーズ 衝撃吸収 クッション バスケ バレー サッカー テニス ランニング スポーツ全般 日常生活
ザムスト(ZAMST)フットクラフト スタンダード 目指したのは、オーダーメイドインソール 足の悩みを解決するインソール ■選べるアーチタイプで最適なサポート ・3つのアーチタイプから、自身の足に最適なタイプが選べます。オーダーメイドのような効果的なサポート、優れたフィット性を実現しました。 ■ウインドラス現象に基づく...

コメント

タイトルとURLをコピーしました