Wリーグ 4/16 トヨタ vs. ENEOS ファイナルGame 2 試合メモ

Wリーグ
この記事は約4分で読めます。

4月16日(日)に開催されたWリーグファイナル第2戦のメモです。メモというか詳しい戦術とかは書いていないし、スコアも書いていない(デフォ)、感想な感じ。

いつもより文面が真面目風。理由は特にない。

Ad Link

戦術云々ではなく

もはや、細かい戦術云々よりも、両チームから伝わる気迫と集中力。これぞファイナルという緊張感が試合を通じて画面越しにも伝わってきた。その中でも、ENEOSの選手からは絶対に勝つという、この1戦にかける気持ちの強さを全員から感じた。

前日の第1戦では立ち上がりに失敗したENEOSは、第1戦でどこか消極的だった宮崎選手がQ1からアタックモード。ENEOS全体としても、第1戦はインサイドへのパスを狙いすぎていたのに比べ、試合を通じてENEOSガード陣がペイントにアタックをする縦の動き、渡嘉敷選手と長岡選手のピックプレー、アラウンドプレー、同選手たちの連携プレーなど、バラエティに富んだオフェンスを繰り広げた。前日にあったような、パスを探して止まってしまう場面を見ることも少なくなった。

トヨタは前日から効果的に決まっている高めの位置のピックを起点としたプレーや、ミスマッチを狙ったオフェンスを繰り広げる。

前日(の特に前半)に比べるとENEOSのガード陣がボールプレッシャーを激しくかけ続けていること、ピックに対してもファイトオーバーでしつこくついていき、トヨタのガード陣にドライブさせることでシュート率や直接シュートにつなげることを防ぐのに成功していたように感じた。

トヨタのローポストでのミスマッチを突いたオフェンスに対してENEOSは、ダブルチームやショーディフェンスを駆使。そこから脚を動かした早いローテーションで対応をしていた。

試合を通じて常に緊張感が溢れる雰囲気で、どちらが一気に流れをもっていくというよりは、どちらかが連携プレーやスリー等、盛り上がるプレーを見せれば、直後にもう一方のチームがやり返す、という場面が何度も見られ、選手たちが皆ゾーンに入っていて、まるでそれに引き込まれていくような試合だった。

Ad Link

素晴らしいパフォーマンス

トヨタとしては山本選手が当たっていたので、同選手に打たせる場面をもっと作ってもよかったのではないかと思う。ENEOSとしては常に強度高くディフェンスを続け、そうさせなかった戦略勝ちか。

ENEOSは前日に比べ、宮崎選手、長岡選手、そして林選手のオフェンス面での存在が大きかった。宮崎選手は先ほども触れた継続したアタック。長岡選手はオールラウンダーぶりが今日は遺憾なく発揮されていた。林選手は、やっていることはいつも安定していて、とにかく運動量が多く、それによって味方をオープンにする動き等があるが、ここまでスリーが不発気味だった。それをようやく決めたことはとても大きな意味があったと思う。渡嘉敷選手のインサイド、前日から継続して発揮される高田選手、星選手のディフェンスとオフェンスでの存在感。これらの強烈さが気迫によってマックスに高まったパフォーマンスだった。

それでもトヨタが大崩れしないのはステファニー選手、山本選手、川井選手の安定感。第3戦に向けては、ターンオーバーに繋がらないゲームコントロールにおいて、より高い意識を持つ必要があると思われる。74失点はトヨタとしては取られすぎで、まずはミスからENEOSの速攻になってしまうことは避けたいところ。

また得点面でも、ガード陣のスリーの確率がせっかく良いのだから、もう少し打たせる場面を作ってもいいかと思う。インサイド同士の連携はよく見るが、インサイドからパスアウトで外に出るシーンがあまりない気はする。ENEOSもそこは打たせないようにしているとは思うが、インサイドからアウトサイドの展開の形を意識してもいいと感じる。

また、フリースローをもらうためのアタックを増やすのも効果的になるはず。ENEOSのチームファールが溜まっているときにもフリースローの数が増えなかったのはもったいなかった。

以下スタッツ ©︎バスケットボールLive

Ad Link

最後に

最初から最後まで緊張感がありレベルが高く、見応えのある試合でした。

試合が張り詰めていた一方で試合終了後のセレモニーではみんなリラックスした表情(慣れていない選手は緊張気味でそれもよい)。そのギャップがまたスポーツの良さという感じです。

見事第3戦へ。もうどちらが勝つかわからないですね。ENEOSベテラン勢の疲労が一番気になる部分かなと。

勝っても負けても明日7時からの試合で終了。最後までケガなく、悔いが残らない試合を願っております。

created by Rinker
¥1,980 (2024/04/25 00:13:28時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました